佐藤健の天皇の料理番での料理がヤバい!!腕前は練習のたまものか?

佐藤健D1俳優の佐藤健さんはドラマ「天皇の料理番」で料理を作る役をしていますが、その料理の腕がヤバいと噂になっています。
どれくらい凄いのでしょうか?
また腕前は練習をしたからなのでしょうか?
その辺りを調べてみようと思います。

sponsored link

プロフィール

名前    佐藤健
生年月日  1989年3月21日
出身地   埼玉県岩槻市
身長    170センチ
血液型   A型

佐藤健の天皇の料理番での料理がヤバい!!

高視聴率のドラマ「天皇の料理番」で佐藤さんは料理を作るシーンがたくさん見る事ができますが、実は佐藤さんは包丁を持つのは初めてと言ってもいいくらい料理とは無縁だったそうです。
ご本人は「包丁は持たないけど刀は持っていた」と「るろうに剣心」にかけた冗談も会見では言ってたそうです。
でも料理とは無縁だったとは思えないほどの料理の腕ですよね。

ちなみにTBSの「チューボーですよ」では「天皇の料理番」の主演新旧対決と言う事で、堺正章さんと共演をして「オムライス」を作っています。
結果は佐藤さんの方が上手に卵を包んでいました。

佐藤健D2

他にもプロの料理人もドラマを見て「初心者とは思えない」と驚く方が多かったみたいですね。

sponsored link

腕前は練習のたまものか?

そんな料理の腕前は練習のたまものなのでしょうか?
佐藤さんは今までの映画などでもとにかく出るからには完璧にするタイプみたいです。

ギターを弾く役柄でもクランクイン前の一か月前から練習をたくさんして「BECK」では完璧なギターを弾く姿を見せてくれましたよね。

佐藤健D3
今回の「天皇の料理番」でも完璧な料理人の姿を演じています。
自宅などでも包丁を持つ練習、料理を作ったり、いろいろ練習をしたりしていたそうです。

佐藤健D4

佐藤さんは見た目はチャラチャラしている感じですが、努力をすればなんでもできるって事をドラマや映画で伝えてくれる人ですよね。
「天皇の料理番」の第3話では華族会館の厨房の野菜係りになった佐藤さん。
野菜を刻むのが趣味になったと本人は言っているようで、クランクインの4か月前から料理学校に行き修行をしたそうです。
そして自宅では野菜などを刻む練習をして、あんなに素晴らしいドラマを作る事ができなのでしょう。

これこそ練習のたまものですよね。
普通の人が4か月の間料理学校に行ったとしても、なかなか料理の腕って上がらないと思うのです。
何年も何年も毎日料理を作ってだんだんと上手になっていくものだと思います。
それが佐藤さんはギターの時もそうだと思うのですが、数か月練習をしただけでほぼ完璧になっているのです。
佐藤さんの努力と才能が素晴らしいなぁって思います。

なんとなく今までの佐藤さんは女性との噂も絶えずありましたし、あまりイメージが良くなかった印象だった人も多いはずです。
でも今回の「天皇の料理番」で老若男女のファンを獲得したと思うほど、素晴らしいドラマで素晴らしい役柄だったと思います。

これからもたくさんの役柄を演じる事ができる俳優だと思いますので、女性問題で騒ぎにならずに演技と作品で話題になって欲しいと思います。
それくらい今の20代の俳優の中でダントツの演技派俳優だと思いますので期待をしたいと思います。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.