WaTが解散をする本当の理由は不仲が一番の原因?握手会と音楽番組が最後の仕事ですがその後の二人は?

wat1それぞれ個人でも活躍をしていたウエンツ瑛士さんと小池徹平さんのWaTですが解散が決まりました。
その解散の理由はいろいろあるそうですが、不仲が一番の原因と言うのは本当なのでしょうか?
また握手会と音楽番組の出演が最後の二人での仕事との事ですが、その後のウエンツさんと小池さんはどうなるのでしょうか?
その辺りを調べてみようと思います。

sponsored link

WaTが解散をする本当の理由は不仲が一番の原因?

ストリートミュージシャンから人気デュオにまで登りつめたWaTは2002年に結成をして2005年にデビューをしました。
デビュー前から人気のあるお二人は最初は路上ライブをしても聴衆0人の時もあったそうですが、結成1年後には路上ライブに1000人超えの時があったそうです。
顔もスタイルも歌も良いと言う事であっと言う間に人気が出て、CDデビューをした年に紅白歌合戦にも出場をしました。
マイクスタンドを同時に倒してそれでも一生懸命歌い続けた二人が懐かしいです。

wat3そんなWaTのお二人が解散をする本当の理由は一体何なのでしょうか?
ネットなどでは「不仲が原因」と言われていますが、当のお二人は「けじめをつける為に」と言うニュアンスで解散を言っています。
音楽活動をしていなかったのでファンに対して迷惑をかけている、曖昧すぎるのでけじめをつける為に一度解散をした方が良いと言う結果になったみたいです。

正直熱烈なWaTファンはどう思うかわかりませんが、今まで通りWaTを続けてお互い俳優やバラエティで仕事をすればいいだけでは?と感じてしまいます。
でもやはり真面目なお二人はそういう宙ぶらりんな所が許せなかったのかもしれません。

それでも今更「解散」と言う結果になった事に「不仲説」が一番に出てしまいます。
2月11日に握手会に行かれたファンの人は「不仲」と言う雰囲気は一切出ていなかったと言っています。
また解散前にたくさんの番組に出演をされたWaTですが、やはり相変わらずお互いほのぼのとして仲が良いと感じました。
きっとWaTの二人の性格が真面目すぎるゆえの解散なのかな?と感じます。

でもまだお若い二人なのでこの先また音楽の場に戻ってきてくれると信じたいです。

sponsored link

握手会と音楽番組が最後の仕事ですがその後の二人は?

残念ながら解散と言う結果になってしまったWaTですが、握手会や音楽番組の仕事の後は二人はどうなるのでしょうか?
今までは音楽活動を少ししながら、ウエンツさんはバラエティ番組の司会、進行、そして映画や舞台などでも俳優として活躍をされています。

wat4小池徹平さんはウエンツさん以上に「俳優」と言う職業を全うしているように思えます。

映画やドラマでも活躍をして、最近では「あまちゃん」の足立ヒロシ役が記憶に新しい感じがします。
もちろんその後も数々のドラマなどで活躍をしています。

今後のお二人ですが、きっと今までと同じような活躍なのでは?と思います。
握手会をしたのは約5年間音楽活動をあまりしていなくて申し訳のでファンへのお礼だと思いますし、解散をしたから俳優に専念するとか司会業を増やすとかでもないと思います

きっと今まで通りの活躍をして、また「音楽活動をしたい」と思ってくれるとファンは期待をしているのではないでしょうか?
また握手会で直接ファンからの声を聴いて「また音楽をしよう」「WaTで活動をしよう」と思ったかもしれません。

これからのそれぞれの活躍に期待をして楽しみにしたいと思います。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.