大沢樹生の本当の息子の父親は伏石泰宏!!嫁の名はさやか!!

大沢アイキャッチ1元光GENJIで俳優の大沢樹生さんが元妻でもある女優の喜多嶋舞さんとの間に生まれた長男について親子関係にないということの確認を求めた訴訟を2013年7月から行っていました。そのことについて東京家裁は2015年11月に「親子関係がないことを認める」という判決を言い渡しました。それらのことについて気になりましたので調査してみました。

sponsored link

大沢樹生の本当の息子の父親は伏石泰宏

実はこの裁判の判決の理由として、大沢樹生さんは海外の鑑定期間に自分と長男のDNA鑑定を依頼したようです。

その結果なのですが父子確率は0%という結果を受け取ったのです。

このことが12月に週刊誌に取り上げられて非常に世間を騒然とさせました。また裁判の結果から法的な意味でも親子関係がないとの判決に至りました。

ではその大沢樹生さんと喜多嶋舞さんとの間で生まれた子供の本当の父親とは誰だったのでしょうか?その人物とは誰なのかという憶測がマスコミの間で広がりました。

その本当の父親とはこの人物で間違いないだろうと言われるのが伏石泰宏という元芸能人です。この人物なのですが過去には売春防止法違反という容疑で逮捕歴もあります。

この伏石泰宏とその長男とは驚くほどそっくりなのです。一時は父親候補として名前が浮上した奥田瑛二さんもマスコミから長男と顔が似ているという理由で報道されました。しかし伏石泰宏のほうが長男にはるかに似ています。

大沢息子

画像を入手しました。左側が伏石泰宏、右側が長男です。

この伏石泰宏は父親問題が出たときに自分が父親ですと名乗りを挙げたのですが喜多嶋舞さんが違うといったのでマスコミは最初は気にも留めませんでした。

いったい伏石泰宏というのはどのような人物なのでしょうか?

この伏石泰宏は2000年代前半頃まで芸能界で活躍したのですがその後引退しました。

再び注目されたのは2010年、その時伏石泰宏はなんと売春クラブを経営して都内のホテルで怪しいパーティーを開催して逮捕されたのです。

このビジネスで伏石泰宏は2年半で約3億6000万円を売り上げ稼ぎました。

伏石泰宏は喜多嶋舞さんの妊娠を知ったときに親しい知人に「責任取れねぇ」と言っていたそうです。

現在伏石泰宏さんはどこでどのような暮らしをしているのか情報がないようです。

息子さんは現在アメリカで寿司職人になろうと板前修業をしているらしく寿司職人として働いている喜多嶋舞さんの弟の家に住んでいるようです。

親権の問題や親子関係についていろいろ大沢樹生さんと喜多嶋舞さんは揉めていますが

息子さんは「二人とも好きにすればという感じです。僕からみればくだらないことなので自分がこっちで一人前になって幸せに暮らせばいつか親も喜んでくれるのでは。」とインタビューで告白しているようです。

sponsored link

嫁の名はさやか!!

現在の大沢樹生さんの妻なのですが早耶香という元モデルの女性です。ちなみに大沢樹生さんよりも15歳も年下だそうです。大沢樹生さんが2015年で46歳ですので奥さんは31歳です。

大沢妻

この女性との馴れ初めは共通の友人のパーティーでした。イタリアでモデルの経験があるくらい綺麗だったので大沢さんから猛アタックしたんだそうです。二人ともお互い交際してすぐに結婚を意識し始めました。

プロポーズはマカオのバンジージャンプの前に、これを飛んだら結婚して!!と言ったそうです。

そして結婚式はバリ島で行いました。結婚式が終わった後に国内で結婚パーティーを開いたところ1000人以上の人からお祝いされたようです。

子供なのですが最初の妊娠は元気に生まれてくることはできませんでした。その次の妊娠で出産したようです。2014年1月13日に元気な女の子が生まれました。名前は「莉々生」と名付けたようです。

実は一緒に暮らしていた一人息子も障害を持っており、生まれるはずだった第一子も元気に生まれてくることが出来ませんでした。

そのことから自分の遺伝子に何か問題があるのではないかとDNA検査をすることに踏み切ったのです。

その結果から息子と全く血がつながっていないことが判明したわけです。これはパニックになりますよね。

様々なことが問題になった大沢樹生さんですがこれらのことを乗り越えてほしいです。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.