櫻井翔の歌番組での司会が凄い!!英語の発音がヤバいらしい!!

櫻井翔G1嵐の櫻井さんはニュース番組のキャスターを務めていますが、歌番組の司会も凄いと言われて評判が高いようです。
その評判はどれくらいなのでしょうか?
また英語の発音がヤバいらしいと言われているようですが、どういう感じなのでしょうか?
その辺りを調べてみようと思います。

sponsored link

櫻井翔の歌番組での司会が凄い!!

2013年から毎年7月の夏に幕張メッセで開催をされている日本テレビの音楽特別番組「THEMUSICDAY」
その番組の総合司会を務めている嵐の櫻井翔さん。
生放送だけでも大変なお仕事なのに、ミュージシャンの方もたくさんの数が出演されます。
それをまとめるだけでもとても大変だと思いますが、櫻井さんは見ている限りソツなくこなしているように見えます。
それくらいとても上手な司会と評判が高いようです。

生放送の歌番組はとても難しいと言われていて、さすがにNHK紅白歌合戦の司会を何度もつとめているだけあります。
数秒しかないのに、歌手を紹介しなければいけない時もあるでしょうし、何かコメントを出演者である歌手に求める事や聞きだす事もあるでしょう。
それをきちんとソツなくこなす櫻井さんの司会がとても凄いと言われているようです。

櫻井翔G2

きっとこれからもNHK紅白歌合戦の司会を嵐として任される事もあるでしょう。
でももしかしたらSMAP中居さんのように一人での司会を任される日がくるかもしれません。

ネットでは嵐の5人の司会+女優さんだと、女優さんが毎回ポツンと居てかわいそうの声があがっていたようです。
でも櫻井さん一人だと視聴者にはそういう事を感じさせないと思いますので、櫻井さんのソロの司会が見たいと思います。
期待したいですよね。

sponsored link

英語の発音がヤバいらしい!!

櫻井さんと言えば、慶應ボーイなので「英語」が話せて当然って思われているかもしれません。
実際オリンピックのキャスターの仕事をされた時も、流暢な英語の発音でファンを驚かせた事もあったようです。

ただ英語を話せるのと、発音は全く別の物で、櫻井さんの発音が上手って言う人もいればあまり上手ではないかもって言う人もいるようです。
英語が話せない人から見ると、櫻井さんの話をしている英語を聞けば「うまい、凄い」って思うでしょうし、海外に住んでいる経験があったり、英語の勉強をずっとしている人が櫻井さんの発音を聞いたら「下手」って思うかもしれません。

でも櫻井さんのすごい所はオリンピックのキャスターに決まった時も自分の英語力がダメかもと思い、猛勉強をしたりしたそうです。
またたくさんの情報を頭に入れる為に資料を読んだり映像を見たり、インタビューをする相手のアスリートの方に失礼のないように事前勉強をしていたと言われています。

櫻井翔G5

キャスターなら当たり前でしょって声もあったかもしれませんが、アイドルと言う職業に甘える事をせず仕事をこなすのは凄い事だなって思いました。
きっとこれからのオリンピックも任されるのでは?と思います。
次のオリンピックのリオデジャネイロでの活躍を期待したいと思います。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.