桐谷健太の握手会でのレポとは?アウトレイジでの死に方がヤバすぎる!!

桐谷健太C1俳優の桐谷健太さんは握手会を開催されているようですが、その握手会の様子は一体どういうのなのでしょうか?
また映画「アウトレイジ」での死に方がヤバすぎると言われていますが本当なのでしょうか?

sponsored link

桐谷健太の握手会でのレポとは?

俳優の桐谷健太さんは学園祭でトークショーをされてから握手会を開催されていたり、写真集を発売した時にしているようです。
そんな桐谷さんの握手会は一体どういうものなのでしょうか?
握手会に参加された人のレポを拝見したりすると「すごくいい人」「優しすぎる」「かっこいい」など絶賛の嵐です。

初めて桐谷さんの握手会に出席をされた人が言うには「AKBの握手会みたく流れ作業だと思った」との事です。
でも実際は一人一人きちんと両手で握手をして、その人が手から離れた後もずっと見守ってくれているようです。
そして「みんな時間待たせてごめんね」ってステージの上から話をしたり、スタッフの方にも「まだまだ時間がかかるから座っててええよ~」と優しく声をかけたりするようです。

他にもお子さん連れで来た方には桐谷さん本人がしゃがんでお子さんと目線を合わせて話をしたりしていたと言うレポもありました。
正直桐谷さんのイメージのまんまですよね。

いろいろな役をしていて、中には性格の悪い役も多々あったのに、イメージはとてもいいのです。
情があって涙もろいイメージがありますが、握手会のレポを知るとイメージ通りと思います。

実際会って好きになった芸能人で上位の方に入ると言われているのが桐谷さんみたいなので、これからも握手会では今まで通りの桐谷さんで接して欲しいと思います。

sponsored link

アウトレイジでの死に方がヤバすぎる!!

北野武監督の映画「アウトレイジビヨンド」に出演をされた桐谷さんですが、その桐谷さんが演じた「嶋」の死に方が大変ヤバすぎると言われています。
元々この映画がそういう映画なので、もしかしたら桐谷さん演じた嶋もあの世界では普通の事なのかもしれません。

それでも壮絶な感じでした。

桐谷さん演じる嶋さんは「アウトレイジの作品に合わないほどピュアなキャラクター」と言われていたようです。
バッティングセンターの店員役だったのですが、山王会へ復讐をしようと思いましたが、逆に舟木やその手下たちにやられてしまいました。

そのやられ方もずっと頭を殴られ続けて・・・最後を迎えてしまいました。
桐谷さんのファンやこの映画を見ていた人はあまりにも嶋に感情が入ってしまい最後は悲しくなってしまいます。
それだけ桐谷さんが嶋と言う役をきっちり演じた事になるのですが、とてもつらく悲しい最後に気持ちが落ち込んでしまった人が多かったようです。

もちろん普通の話ではないですし、一般人から見たら桐谷さんが演じた嶋も、嶋をやっつけた山王会の舟木も同じとしか思えないかもしれません。
でも嶋だけは唯一汚れていない感じだったのです。
それだけにとても悲しい最後だったと思います。

この「アウトレイジビヨンド」を見て桐谷さんって本当にこういう役がうまいって思いました。
多分また北野武作品に出る事ができるのでは?と思ってしまいます。
そしてまた思わず情が入ってしまう役を演じて欲しいです。

sponsored link

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.